みつこのひとりごと

蝉が鳴きたがっている・・・

梅雨空が続く 今日は 太陽がちょっとだけ顔を出した 待ってましたと蝉の声 ジイジイと二回ほど 私の耳鳴りか!? それほどまでの異常気象 エアコンが故障しました 2003年のダイキンのエアコン 寿命がきました よくここまでもってくれました この涼しさのおか…

インゲンを美味しく!!

毎日 湿っぽいですね このおかげか インゲンが豊作です 昨年はコガネムシに攻撃を受け 1回分を食べただけで終わってしまった たくさん採れるので 茹で方を工夫しました 今まではお湯を沸かし その中に塩を入れてゆでる・・・ 今年は 最初から平たいフライパ…

海よ海よ海よ

今週のお題「海」 海あり県(茨城県)から海なし県(埼玉県)へ嫁ぎ 急に海へ行きたくなる事が無性にあった 20数年前 娘を誘い、大洗の海岸へ出かけた 真夜中に着き 波の音を聞きながら 車の中で太陽が出て来るのを待っているうちに 寝込んでしまい・・・ とう…

月桂樹の葉(ローリエ)を頂いてくる

かって我が家に月桂樹があった 気が付いたら抜かれてあった しょうがない そんなに使うものでもないし・・・ と諦めていた となりの家で立派に育った月桂樹 何回か頂くようになった 干して使うようにしている この雨である 干す隙を見ているが・・・ カビで…

やっと出てきました・・・みょうが!!

何事も遅れていますね 柿の木とミカンの木の下に みょうががあります 今日やっとこれだけとれました いつもはもっと早い時期なんですが この梅雨寒では仕方ありませんね 半分を甘酢につけて・・・ ニョキニョキとたくさん出てこい出てこいと 楽しみに待って…

梅の手仕事が

梅シロップを 梅を冷凍して作る場合と 冷凍しないで作る 二種類作ってみた 二週間たつと 梅がシワしわになって来た 冷凍した方が 早くシワしわになっている りんご酢をいれましたが そのまま漬けた方が 少々発酵気味 やむなく 火を入れて保存した 梅シロップ…

ジャガイモで児童13人が食中毒!?のニュースにまさかーーー

ジャガイモ掘りをした後 調理実習をしてそのジャガイモを食べ 食中毒に?? 5年生の男女13人が 腹痛や手のしびれなどを訴えとあった 重症の子はないとのことだが・・・ 下痢や嘔吐、目まいなども起きるらしい この件は兵庫県宝塚市だけではなく 全国で相…

今年のアイコは大きいぞ!!

今年は 赤のアイコの苗を10本 黄色のアイコの苗を10本植えた 私ではなく夫が植えた(笑) この気候である 不作である事は確かなり しかしである 黄色のアイコがやけに大きい 赤のアイコの優に2倍はある 植えた土があっていたのか 昨年同じところに植えた赤は…

カラスと目が合った!?

いつものように夕方の散歩へ 10メートル先の左側の塀に カラスが1羽止まっているのが目に入った 目線と同じ高さである 歩んでいけば 飛び去るであろうと考え そのまま歩き続けた 立ち去らないのだ 近くにヒナでもいるのか・・・ との懸念も 目があってしまっ…

三つ編みのみっこちゃん

朝ドラ「なつぞら」のヒロインの妹が 突如三つ編み姿で登場した 私の小学生時代そのままに 毎朝の日課に 父が編んでくれる三つ編みがあった 父は手先が器用なので セーターを手編みしてくれていた その延長上(!?)に三つ編みがある 私が髪を切りたい・・・ …

ゴーヤのようなきゅうり!!

どこに紛れ込んでいたのか 10本植えたキュウリの苗に 1本だけ・・・ 収穫する時のその痛さ なにしろイボだらけ 恐る恐る収穫 ゴーヤみたいだったので そのまま ゴーヤのようなキュウリで検索すると 出てきました 昭和19年には中国から入っていたんです た…

ヒヤヒヤの散歩

夕方の散歩での事です 6時半過ぎ 幼稚園ぐらいの女の子が 自転車を飛ばしていくのに出会った 一人である しかも、車はピュンピユン走っている しばらく行くと今度は男の子が リュックを背負って一人で歩いている 声をかけて聞いてみると4歳とか 今は知らない…

ポツンと一軒家を見ていたら実家でのにわとりの件を思い出した

半世紀以上前での実家では ニワトリを飼っていた ところがである 学校から帰ってくると 一羽もいなくなっていて 柿の木に何やらぶら下がっているものが目に入った 全部処分して 唯一1羽さばいて 自宅で食することになったらしい 母に聞くと 「今夜はごちそ…

新しい湯のみがやって来た!!

隣の方が陶芸をしていて 毎年何かしら頂く 昨年は干支の小物入れでした 今年はそろそろ取っ手のない湯のみが欲しいな~ と探しいるところでした 今まで使っていたものです コーヒーでも紅茶でも なんにでもこれ一つ 頂いた湯のみでお茶を入れたところ 美味し…

外食で思ったこと

昨日友達と 上尾 木曽路へ行ってきた ちょっと奮発して すきやき御膳(特) (お造り、牛すきやき(特肉)、玉子、御飯、味噌椀、香の物) 柔らかい牛肉を舌鼓 しばらくぶりの五穀米もいただき たくさん残ったすき焼きの汁に 友達と二人 同じ感想を持った 「…

バケツをひっくり返したように降る

雨がたくさん降ることを バケツをひっくり返したように降るがある 私は バケツの水をひっくり返したように降るね~ と「水」という言葉を入れていた 何日か前の気象庁のニュースで 「水」が入っていない事が分かった まーどっちでもいいかーーー とはいかな…

紫エシャロット(らっきょう)を頂く

夕方の散歩で 「持っていくかい?」 と声を掛けられた 「らっきょだよ」 「いただきますーー」 はじめて見るらっきょうに 食べ方を教えていただいた ちょっと育ちすぎたので 縦に切って油でいためて・・・ いろいろ聞きながらしばしおしゃべり・・ 味噌炒め…

PCの印刷機にあたふた

講座用の資料を印刷しようと いつもの手順で ふんふんとハミングしながら・・・ まっ白のまま次々出て来るのです えーー まっ白ってーー 頭の中もまっ白になりました そういえばここ1か月ほど印刷していません コピー機能も試しましたが やはりまっ白のまま…

バナナを保存して食べる

私達世代 バナナは風邪をひくとか遠足であったり 何か事がないと食べられないもの 私の子供たちが小さい頃 バナナキャンディーをよく作った バナナの皮をむき 割りばしを刺して冷凍する 又は冷凍したバナナと牛乳をミキサーに入れて バナナジュースを作る 冷…

田んぼで白いサギに出逢った

夕方散歩をしていると 意外なことに出会う 夕飯の支度をしている時間ですので この家はカレーかな 唐揚げでも作っているのかな 油の匂いが強かったりして・・・ 少し心配だった田んぼが散歩道にある いつまでたっても水が入らないのだ 近年何軒かやめてしま…

今年もラッキョウ漬けができました

嬉しいですね――― 今年もラッキョウ漬けができました!! 1回に3kg購入し作ります 今回は お酢の種類変えてみました 昨年は黒酢のみでしたので・・・ 左は米酢 真ん中が米酢と黒酢を半々に 右は黒酢のみ 基本の分量 らっきょう・・2.4kg お酢・・・…

信号機のない横断歩道をわたる

私のような高齢者でも 高齢者でない人も 信号機のない横断歩道を渡るという事は いろいろな意味で危険を伴う 車の運転者としての意識としては 横断歩道手前に人が立っていれば 速度を落とし停車して どうぞ という態度となる ただし 対向車線に車が来た場合…

今日の散歩で

嬉しいことがあった!! 夕方の散歩で 十字路での中学生の男子に挨拶をされたのだ 3人が声を合わせたように 「こんにちはーー」 思わず私もこんにちはーー おかえりなさいーー やっぱり挨拶は されると嬉しいものだ 更に歩いていると ドリカム状態の3人に出…

夕方の散歩で気づいたこと

いつも夕飯が早いので その後散歩をしている 「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は・・・」 その芍薬が散歩道にある 田んぼや畑に囲まれている土地に住んでいるので 道々でいろいろな花々と出会う 今一番いい季節 そんな中 中学生男子の疲れた姿と出会う 話に…

犬猫にマイクロチップ装着義務化!?

5月16日の新聞に載っていた 動物愛護法改正案 ・所有者を明示するマイクロチップの犬猫への装着義務化 ・生後56日を経過しない犬猫の販売禁止 ・動物虐待罪の罰則強化・・・etc この動物愛護法改正案で思い出した小説がある 三島由紀夫著「午後の曳航」で…

気になっていた中江有里さんの小説を読んでみた

関西出身の中江有里さんが 「納豆うどん」!? 先入観では 関西人=納豆を食べない あえてそこを題材にしたのか 夫に 「納豆うどんというと何を想像する?」 と聞いたところ 「つゆに納豆を入れて食べる・・・」 となった メニューに納豆うどんと書いてあれ…

茨木のり子さんの詩集をよんで

茨木のり子著 「倚(よ)りかからず」 凛とした生き方を感じる言葉に魅かれ よんでみた 最初の1ページで 題名・・木は旅が好き 木は いつも 憶っている 旅立つ日のことを この憶っているで ひっかかてしまった おもっているとよむであろうが 今まで 思っている…

さんまさんのお酢の宣伝をヒントに

だしのきいたお酢の宣伝に そろそろ暑くなってきて 酢の物の出番が多くなってきたので 自分でまろやか酢を作ってみた ①水350㏄に茅乃舎のだし2袋入れて 3分煮だす ②①で作っただしに 米酢―175㏄ みりん―20㏄ 醤油―20㏄ 甜菜糖―30gを入れて 再び沸…

渋滞・・・8時間の経験

今まさに渋滞のど真ん中にいる方が全国にいる 渋滞を避けて一般道へ行っても 結局はそれほど変わらない 70年生きてきて 一番の渋滞の記憶は 30年以上前の2月11日(建国記念日)に 関越自動車道でのことだ 東松山インターから入り 順調に行くはずだった …

鍬を担いで自転車で・・・

車で買い物へ出かけ 信号で待っていた時の事です 目の前の横断歩道を 自転車に乗り 鍬を担いだ男性が通り過ぎていった いつぞやは自転車事故のニュースがあった スマホを見ながら もう一方の手で飲み物を持っていた女性が 歩いていた人と接触して死亡事故を…