生きている実感を誰かと共有することが、最も創造的

先月26日の読売新聞に

「かっては、人間らしさとは、成長し何か物を生産することだと 思っていたが、生きている実感を誰かと共有することが、最も創造的だと気づいた」

「今こそ合理性・生産性ばかリを追及する行き過ぎた

 経済主義から立ち止まる必要があるのではないか」

と述べている記事に出あった

 

相模原障害者施設殺傷事件(やまゆり学園事件)に関しての

言及である

 

三女の星子さんがダウン症であり

複合障害があるという

「星子が居る」の著者

和光大学名誉教授 最首 悟(さいしゅ さとる)氏の言葉である

 

私達高齢者もいずれは

誰かのお世話にならなければならない時が来る

生産性・合理性云々では

何も言えなくなる

 

れいわ新選組から二人が当選した

 

皆で考える時が 

やっとめぐってきたと思っている