ヒヤヒヤの散歩

夕方の散歩での事です

 

6時半過ぎ

幼稚園ぐらいの女の子が

自転車を飛ばしていくのに出会った

一人である

しかも、車はピュンピユン走っている

 

しばらく行くと今度は男の子が

リュックを背負って一人で歩いている

 

声をかけて聞いてみると4歳とか

今は知らない人には口を聞かない様にとは思ったが・・・

「お母さんは後から来るの?」

「一人だよ。お母さんは家で寝ているの」

近くに大型スーパーが出来たので

多分一人で買い物にでも行った帰りか?

 

あまりしつこく聞くわけもいかず

「車に気をつけてね!」とだけ言った

手をあげて「はーい」

かわいいね!!

たくましく育っていくだろうことを願って・・・

 

歩いて行くと今度は

小学1年から2年生ぐらいの男の子二人

自転車で十字路を止まらずに渡っていった

きわどい所で軽トラとの衝突は避けられた

クラクションを鳴らされた

ヒヤヒヤの散歩である