ポツンと一軒家を見ていたら実家でのにわとりの件を思い出した

半世紀以上前での実家では

ニワトリを飼っていた

 

ところがである

学校から帰ってくると

一羽もいなくなっていて

 

柿の木に何やらぶら下がっているものが目に入った

 

全部処分して

唯一1羽さばいて

自宅で食することになったらしい

 

母に聞くと

「今夜はごちそうよ~」といった

 

朝食に卵一個を

3人のきょうだいで卵かけごはんに

昆布の佃煮でかさ増しをして食べていた

卵は貴重品である

 

これから卵はどうなるのかな~と思ったが

ぶら下がっているニワトリと

母のこってりした美味しい内臓物の煮物とは

リンクしなかった

 

ただ

あの光景は今でも脳裏に焼き付いている

 

ポツンと一軒家での

自給自足の生活は

昔々の生活を思い出させた

 

この便利な世の中に住んでいると

不便さの中の幸せを忘れていることがある