右と左のおはなし

 

何をいまさら右・左?

 

とーっても大事なことです

 

夫が一回目の脳梗塞で倒れた時

私と夫の二人が主治医に呼ばれ

目の前のCT画像を見ながらの説明を受けた時の事です

 

夫は左側に梗塞があったのですが

主治医は

「右側に梗塞があり・・・云々」

と始めたのです

 

あれーっ

「先生左側ではないんですか?」

と私

 

慌てた先生は

そうそう左側です

となったのです

 

向かって右側に映っている梗塞の画像は

左側となるのです

 

うっかり(!?)ミスか

 

 

私の時にもあったのです

直腸がんの手術の時は

部屋で麻酔をして

手術室へ行く頃は

もう意識もなかったのですが

 

二回目の甲状腺がんの手術の時は

自分で点滴の管を掛けた器具を引きながら

手術室へ向かったのです

 

そして自分で手術台へ登り

私の頭の上で

「○○さんは黙って聞いていてくださいね」と

それぞれの先生や看護師さんが自己紹介

 

そして麻酔の先生が私の左腕の点滴の事を

「右腕の点滴にこれから麻酔液が入ります・・・云々」

と言ったのです

 

黙って聞いていてくださいとは言われましたが

 

思わず

「先生 左腕ですが・・・」

 

主治医がすかさず

「○○さん、左側の甲状腺腫瘍は

 間違いなくとりますから・・・」

と取り成して(?)くれた

 

甲状腺の全摘出ではなく

左半分の腫瘍の切除だったので

麻酔が効くまで

ドキドキしてしまいました

 

ニュースで

別な人の腫瘍を間違って・・・とか

悪くない方の腎臓を取ってしまった・・とか

ありえない事故を見聞きしていたが

 

今は

見逃していたことも

ニュースになったりしている

 

私の場合も

直腸がんの手術の前に

全身の画像を撮ってあるのですが

やはり甲状腺がん(乳頭がん)については

写っていました

見逃しです

 

科が違うと

判別は難しいこととなるのか?

 

命がかかっている事なので

想定外だったは許されない事

複合的に判断出来る事が求められている