なんちゃって百人一首第6首への思い

   かささぎの 橋を渡った 彼私

   髪ない夫と 白髪の妻に

 

かささぎの橋は

七夕伝説に由来し

織姫と彦星の両星が天の川で逢う時に

たくさんのかささぎが翼をかけて橋を渡したとされ

天の川の橋とも

 

宮中の橋ともいわれ

奈良平城京の御殿の階段ともいわれている

宮中を天上と見立てているようだ

 

おこがましいことですが

そのような橋を渡った、私たち二人

禁断の橋!?

それほでもありませんが・・・

後ほどのうた(?)で解明します

 

夫は、お坊さんのように、バリカンで頭を剃っています

甥っ子の葬儀の時

来ていただいた女性のご住職さんが

夫の肩に袈裟を掛けました

 

それからご住職さんは控室にいらしたのですが

 

夫は、体重90うんkg

来る方、来る方皆が夫に手を合わせるのです

笑いをこらえるのが大変・・・

まったく不謹慎です・・・

 

夫の髪は40代後半より、円形脱毛症が始まり

皮膚科へ通い、頭皮に直接注射をしたり

薬を塗りこんだり、飲み薬…etc

何時しかあきらめ、今の姿になりました

 

妻である私も、やはり40代に、

パーマ液で肌荒れを起こし 

それ以来カットのみ

だんだん短い髪形になり、

美容室へ行くと

勝俣さん(タレントさん)のようにーってお願いしています

 

がんで入院し、退院が決まった前日に

病院内にある理容室へいき

かっちゃんのように・・と頼みましたが

理容師さんは躊躇したらしく

バッサリとは切らず、「大丈夫なんですか~」と

気遣ってくれました

 

女が髪を切る時は…なんてフレーズもありますが

自分の気持を切り替えたいときは

髪をすっきりするのも一つの手かもしれません

 

で~白髪の事ですが

ありのーままの~の歌のように

どれだけ白髪になるか

今は、ごま塩状態です(笑)

 

本日も お読みいただきましてありがとうございます(#^^#)

 

!!!参加者募集中!!!

「この指とーまれ」ということで

【なんちゃって百人一首】を詠み

【なんちゃって百人一首への思い】を

書いてくださり、

私のブログに載せてもいいよ~

という方がいらっしゃいましたら、

下記のメールアドレスまでお寄せください

件名 なんちゃって百人一首

でお願い致します!!

一緒に楽しみませんか?

                         egao_oneアットマークybb.ne.jp

       *アットマークの所を@に変えて下さいね

 

 

還暦記念のマイHPです

昭和18年(1943年)~平成19年(2007年)までの

運勢等を載せています

 

誕生日でわかるあなたの適職  誕生日でわかる初年運

誕生日でわかる中年運             誕生日でわかる晩年運

占いでわかること  適職のおはなし 音楽のおはなし