クリスマスと義父と給料日と

メリークリスマス!!

ハッピークリスマス!!

 

60年前のクリスマスは

と夫に話してみた

 

夫の父(義父)はサラリーマン

25日が給料日

だから24日のイブの日は

「家は仏教徒だから・・・」

と言い

でも25日には

ケーキを買って帰って来たとか

 

甘いものが欠乏している時代

ミルキーのキャラメルや

森永のミルクキャラメルが

25日の朝 枕元にあった時は歓喜した

そして

今のようにソフトな生クリームのケーキではなく

しっとりしていないが

バタークリーム(?)のケーキに感激した

 

一緒に思い出されるのが

人工甘味料サッカリンとかズルチンの甘さ

 

母親からのこの「サッカリン・ズルチン」というワードは

何故かいつまでも引っかかっていた

 

白砂糖が高級品で

黒砂糖の方が安かった

 

白砂糖をこっそりなめて

母親から叱られた記憶がよみがえってくる

 

今白砂糖が目の敵にされている

時代はどんどん動いている

しかしながら

懐かしいことには変わりはない