オーブンレンジが壊れた

 

7年使用したオーブンレンジ

スイッチを入れた途端

パチッと音がした

 

分電盤あたりから聞こえたので

夫に開けてもらおうと

「お父さ~ん 配電盤から音がしたので

 見てみて~」

と頼んだのだ

 

見ると一か所がOFになっていた

 

ふと気になり

配電盤でいいのか調べると

正しくは分電盤とか

 

配電盤は

ビルや工場など大きな設備で

電気会社から送られてくる高圧の電気を受けるための設備・・・

とあった

 

間違って配電盤と覚えていたのだ

 

昔々はヒューズなるものが切れて

交換をしたりしていたが・・・・

 

 

さてと

オーブンレンジであるが

 

電化製品の部品は7年保存ときいていたので

 

修理を頼むか

新品にするか

はたまたオーブンレンジなしの生活をするか

 

この際だから

なしの生活をやってみようか・・・・

 

秩父んちのがレンジなしの生活をずーっと続けているので

義姉に電話して聞いてみた

 

「一応電子レンジは買ったさ~

 でも説明書を読んでなんか恐いなーと思ったのさ~

 で~姪っ子が来た時あげてしまったのよ

 冷たいご飯は蒸しているよー

 簡単だよー

 鍋に水を入れてどんぶりにご飯を入れて

 10分間蒸すだけ」

といとも簡単にいう

 

話を聞いていると

その時は私にでも出来る気になった

 

しかしながら二日で挫折

 

レンチン生活に慣れ切っているので

ギブアップとあいなりました

 

圧力鍋でご飯を炊いているので

このご飯を美味しく保つ

おひつを今は考えています