2018-02-16から1日間の記事一覧

なんちゃって百人一首 第5首

奥山に 蝮がいると 義兄がいい 鎌を持たされ 一歩退く おくやまに まむしがいると あにがいい かまをもたされ いっぽしりぞく 奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋はかなしき おくやまに もみぢふみわけ なくしかの こゑきくときぞ あきはかなしき…