信号機のない横断歩道をわたる

私のような高齢者でも

高齢者でない人も

信号機のない横断歩道を渡るという事は

いろいろな意味で危険を伴う

 

車の運転者としての意識としては

横断歩道手前に人が立っていれば

速度を落とし停車して

どうぞ

という態度となる

ただし

対向車線に車が来た場合は

止まってくれることを祈る

こういう危うい関係性の中で成り立っている

 

この前は久しぶりに歩行者として

信号機のない横断歩道を渡る経験をして

小学生のように手をあげて待っていると

両車線の車が止まってくれた

 

両方の車にお礼の頭を下げながら

急いで渡る・・・

つまずかないように

 

手をあげる前は

何台も車が通過していった

 

歩行者優先であるとはいっても

お互いに思いやりが必要かなと思っています