気になっていた中江有里さんの小説を読んでみた

関西出身の中江有里さんが

「納豆うどん」!?

 

先入観では

関西人=納豆を食べない

あえてそこを題材にしたのか

 

夫に

「納豆うどんというと何を想像する?」

と聞いたところ

「つゆに納豆を入れて食べる・・・」

となった

 

メニューに納豆うどんと書いてあれば

ま~そう解釈するのは間違いない

 

この小説は

父と高校生の娘のやり取り

勝手放題の父とそれによって声が出せなくなった母を

切なく描くが

納豆うどんによって

多少ではあるが未来は明るくなる余韻で終わっている

 

それとは別に

母と娘の女ならではの葛藤を描く

「結婚写真」という小説

テレビに映る中江有里さんの

ちょっとした仕草にみる影の部分と

オーバーラップする

 

心惹かれる女優さんでもある