會という字

今日の読売新聞の編集手帳に

会津若松に避難した

大熊町の女性たちの作る手芸の会

「會空(あいくう)」が紹介されていた

会津とふるさとが

空でつながるとの思いからだ・・・との事

 

会津生まれの義母が

2011年の3月3日に亡くなり

死亡証明書を持っていって

市役所での手続き

そこでの手続きで衝撃的な事が分かった

名字の「曾」が使えなくなっていて

いつの間にか「曽」になっていて

「曾」が俗字扱いになっていた事です

會と曾の違いはあるものの

 今日の記事を読んで

いろいろな思いがよみがえり

會空ってステキなひびきだな~

それと

風評被害がまだまだの福島に

思いを馳せる一日の始まりです