41年前の1月31日

今日は

41年前に生まれた長男の誕生日

帝王切開で生まれた

 

その当時

出産に対しては

市で運営していた母子センターを選んだ

安く出産出来たからだ

今はこのシステムはなくなっている

 

1月31日朝に

「少々の破水がありました」

と助産師さんに電話しました

「自分の車でいきます」

と言うと

「私を乗せていって」

と助産師さんが言われたので

その母子センターへ行く途中

その助産師さんを乗せて向かった

 

今考えると

私もちょっと無茶をしたな~

と思う

 

早速診察台で見ていただいたが

まだちょっと時間がかかりそう・・・

となり

「お茶でも飲みませんか」と誘われ

お茶を飲み、トイレへと行った時

大量の破水・・・・となった

 

さ~それからが大変です

頭ではなく手が出てしまっていたのです

二人の助産師さんが

私のお腹をぐるぐる回して

頭を出そうとしました

ま~その痛いこと痛いこと

 

結局、夫を呼んで

受け入れてくれる病院へ向かった

ぺちゃんこになった私のお腹と

黄色い手(ミカンの食べ過ぎて黄色くなっていた)を見て

重症の黄疸か?となり

夫は別室に呼ばれ

一筆書いたそうだ

私と子供が無事生まれるかどうかの確率を言われ

どちらを選択するか?

 

知らない私は

廊下でボーッと待たされ

その後麻酔となった

 

しかし一刻も争うらしく

麻酔の効かないうちにジョリジョリ・・・・

と言う音とともに切開となった

私の頭の上で

「重症の黄疸で輸血準備・・・」

と言う声が聞こえた

ミカンの食べ過ぎですーーー

とは言えなかった

結局は輸血をせずに済んだが・・・

 

へその緒がぐるぐるまわっていて

「おぎゃー」と言う声を聞くまでは時間がかかった

私はその声を聴いてやっと麻酔が効いてきた

目が覚めた時

男の子と分かった

 

夫も、動転していたので

後から義母聞いたのだが

「無事生まれたよ~」

と報告したが

男の子か女の子か答えられなかったようだ