食品ロスと入院での食事

スーパーやコンビニエンスストアへ行くと

毎回思うことがある

売れ切れないほどの食品と惣菜が

所狭しと並べてあることです

使いきれるものは

上手に回転させているのであろうが

廃棄処分品は

豚のえさなどになったりゴミとして処分と聞く

健康衛生上の問題らしい

いろいろな行事ごと

例えばクリマスのケーキや節分での恵方巻

どんどん捨てられていると聞く

それで思い出すのが

大腸がんで入院した際の食事での事である

手術後

二日目からは重湯かな~

と思っていたら

重湯は出ずにりんごジュースを飲んでくださいーー

となり

次の日から腸に優しい食事が出る

しかしである

今日は三分の二残してください

と言ってきて

食事が終わると看護師さんが見に来る

その二日後から三分の一残してください・・・

その何日かは嫌な気分がした

戦後のもののない時代に育った私にとって

わざわざ残すという罪悪感

最初から三分の一にしてくれれば・・・・

とは思った

作る側・盛り付け側からいえば

大変さは分かる

物がいっぱいある生活の中では

マヒしてしまう感覚かも知れない