90歳。何がめでたい・・・いや、良いこともある

 

佐藤愛子著 90歳。何がめでたい

を読んだ

 

この著者の生きてきた

そのままに表現されていて

ある意味痛快である

 

佐藤愛子さんの個性でもあろうし

誰にも真似は出来ない

 

いろいろな作家さんが

80歳を過ぎたあたりから

終末思想に関しての考えを本にしたり

メディアに話したりしている

 

97歳まで同居していた義母の姿と重なる部分もあるし

独自のものである

 

脚本家の橋田寿賀子さんは

この前のテレビで

「死んだら何も残らないんだし・・・・云々」

「最後は水と食料を断つ・・・云々」

 

90歳から見える世界はどんなものか

一人一人違う・・・

 

「人事を尽くして天命を待つ」

が私の理想であるが

最後になってジタバタするやも知れぬ

 

今は高校2年である孫が

小さい頃

我が家にやって来ると

「あそこにおじさんの天使がいる」

とドアのあたりを指すことがあった

 

天使といえば

かわいらしい女の子を勝手に思っているが

顔はおじさん???

 

みえない私はきょとんとするばかり

 

ネットで見ると

けっこうおじさんの天使を見える人がいるようだ

 

私のオーラの色がピンクと紫と言ったり

 

その様な時期に

「おばあちゃん(義母の事)が言っているよ

 90歳以上まで生きると

   あの世での修行がないよ

   今はすごく楽しいよ・・・」

 

2011年3月3日に亡くなった

義母からのメッセージです

 

今孫は見えなくなっているという

みえないものが見えるということは

ある意味疲れる事である

却って見えなくなって良かった

とは思っている

 

私の母も見える人だったので

その思いは強い