3ばぁば 連れて箱根路 ひた走る ナビはないので 標識頼る  122種 

私が40歳代の頃

車で箱根へ出かけた

 

助手席に母(60歳代)        

後ろ座席に

義母(80歳代)と私の妹の御姑さん(70歳代)

 

3人のばぁばと一緒の旅

箱根への一泊旅行

 

ソフトバンクが繋がらない一件が発生した時

ナビもない携帯も持たない時代の事が

特に鮮明に思い出された

 

標識だけを頼りに

埼玉県から茨城県

そして東京で妹の御姑さんと待ち合わせ

 

持っていった道路地図だけが頼り

 

いま思えばナビもなくよく行けたな~

と思っている

 

個性的な4人の珍道中だったな~

 

ご想像にお任せします

 

4年前よりナビつきの車に乗っているが

今もって使いこなせていない 

夫のナビで間に合っている

「いつか着くさ~」

と同じところをぐるぐる廻っている事もあり 

「私とそんなにデートをしたいのね」

 大笑いすることもある

 

毎年箱根駅伝を見ていると

いつもその当時の事が思い出される

 

 

 

 

 

本日も お読みいただきましてありがとうございます(#^^#)