父の作ってくれた甘酒

 

今から60年以上前の話です

 

秋祭りの日

山車を引いておむすびをもらって帰ると

父の甘酒が待っている

 

その甘酒の香りをずーっと探していた

 

月一ぐらいで甘酒を作っているので

埼玉産の米に始まり

会津産(義父・義母の故郷)の米

ゆめぴりか・・・

と米をいろいろ変えたり

麹もいろいろ試した

 

今回

幻の米「多古米」を見つけた

 

f:id:egao-one:20181209171701j:plain

ふと思い出した事がある

母がリュウマチとの戦いの中で

息抜きにパチンコに通っていた頃の事です

 

その母にある男の人が近づいて来て

「今、トランクに米を積んでいるので買ってくれないか?」

といってきたそうです

 

実家は千葉県との境にある

その男の人は千葉ナンバーの車に乗っていたので

不審に思いながらも買ったそうです

 

その米は香りがよく美味しかったので

しばらくの間注文して食べていたようです

 

私はふ~んと聞いていただけで

銘柄までは聞いていなかった

 

ネットで

千葉 幻の米で検索すると

「多古米」と出てきたので

注文して作ってみた

 

あの時の香りがよみがえってきました

感動です!!