なんちゃって百人一首第97首への思い

   来ぬ人を 待ち続けても いつ来るか

   わからないから 生きていられる

 

 

来ぬ人

 

考えれば考える程

深い意味が含まれています

 

義兄夫婦の子が33歳で先立った時

いわゆる逆縁での夫婦の姿には

声を掛けられない雰囲気が漂います

 

私の弟が55才で突然死をした時も

両親は健在でしたが

声掛けは出来ませんでした

 

長生きすればする程

逆縁のリスクはある

 

当然と言えば当然の話である

 

しかしながら

こんなにも悲しい事はない

 

これから先もずーっと会えない事

心の中にいるわ・・・・

と言われても捜してしまう事

 

 

55才で逝った弟とは

長い間離れていた分

もっとたくさん話をしたかった

 

でもどんな話をしたかったのか

 

ロスへ出かけて行って最後に逢った時は

たわいもないことを話した記憶がある

 

 

いつ身近な人と別れる・離れるかもしれない

と思うと

今この一瞬が大切な財産となる

 

いつか私も

待っても待っても「来ぬ人」となる

 

人生の哲理だ

 

 

本日も お読みいただきましてありがとうございます(#^^#)

 

!!!参加者募集中!!!

「この指とーまれ」ということで

【なんちゃって百人一首】を詠み

【なんちゃって百人一首への思い】を

書いてくださり、

私のブログに載せてもいいよ~

という方がいらっしゃいましたら、

下記のメールアドレスまでお寄せください

件名 なんちゃって百人一首

でお願い致します!!

一緒に楽しみませんか?

                         egao_oneアットマークybb.ne.jp

       *アットマークの所を@に変えて下さいね

 

 

還暦記念のマイHPです

昭和18年(1943年)生まれの人から

平成19年(2007年)生まれの人までの

運勢等を載せています

 ※良かったら、お立ち寄りくださいね(*^_^*)

誕生日でわかるあなたの適職  誕生日でわかる初年運

誕生日でわかる中年運             誕生日でわかる晩年運

占いでわかること  適職のおはなし 音楽のおはなし