なんちゃって百人一首 第92首

わが袖は すり合わせては 縁にする

言葉にせずに 寄り添うのみに

 わがそでは すりあわせては えんにする

 ことばにせずに よりそうのみに

 

 

 

 

わが袖は 汐干に見えぬ 沖の石の

人こそ知らね 乾く間もなし 

 わがそでは しほひにみえぬ おきのいしの

 ひとこそしらね かはくまもなし

               二条院讃岐

               にじょうのいんのさぬき

 

 

f:id:egao-one:20180729143911j:plain