なんちゃって百人一首 第67首

 

春の夜の うたた寝しては 見る夢に

キムタクは出ず 毎度悲しむ

 はるのよの うたたねしては みるゆめに

 きむたくはでず まいどかなしむ

 

 

 

春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

かひなくたたむ 名こそ惜しけれ

 はるのよの ゆめばかりなる たまくらに

 かひなくたたむ なこそをしけれ

              周防内侍

              すおうのないし

 

 

 

f:id:egao-one:20180612143651j:plain