焼き芋のおはなし

 

おやつといえば

焼き芋・干し芋干し柿に目がない

 

今は

冷やし焼き芋なるものも

夏に販売されるようになった

 

冬には干し芋を作っていた

太陽を浴びたあの何とも言えない香りが好きです

 

私の娘以外は干し芋が好きだが

娘は干し芋干し柿は苦手で食べない

 

じゃーということで

レンジで一時間かけて焼き芋を作り

皮をむき、適当な大きさに切り分け

再度グリルで20分から30分焼く

 

おいもさんは

時間をかければかけるほど甘くなる

 

このやり方で作ると

美味しいと言って食べている

 

f:id:egao-one:20180506095458j:plain

 

f:id:egao-one:20180506095542j:plain

焼き芋を作っている時も

皮をむいている時も

あの独特の香りに

幸せを感じている

 

実家にいた頃

父親と二人になると

昼食に焼き芋を食べていたことを思い出す

 

父も焼き芋が大好きなのだ

 

かっては畑でサツマイモを作っていて

近くのでんぷん工場へ売っていた事があった

 

サツマイモの茎はきんぴらにしていた

 

売れないサツマイモは

蒸してからつぶして

小麦粉〈いや片栗粉かな?〉を混ぜて

棒状にして1センチぐらいの厚さにして切り

干していた母の姿と

ひなびた味が思い出される

 

カチカチに硬い芋を

火鉢の上やストーブで焼いて食べていました

 

今は

年中サツマイモは出ていますが

やはり旬な時の味は別格です

 

茨城産のシルクスイートという品種を

たくさん送ってくれる方がいるので

それを次々に焼き芋にして

上記のようにして冷凍しておく

 

名前の通りデリケートな甘さが特徴です

 

食べたいときに食べられる

至福のひと時だ